電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

図書館 コロナ

 今日、福岡市総合図書館にバイクで行ってみた。貸出カードを作るのが目的だ。
入り口で警備員の六十代と思われる男性に、
「マスクの着用を、お願いします。」
と言われた。筆者は、
「売ってませんか?」
と聞くと、
「これをどうぞ。」
と箱を出された。そこからマスクを受け取る。それを着用して館内に入る。

 どんよりとした空気を感じた。やはりコロナは、いるはずだ。図書館は換気も悪いみたいで、
しかも窓の外に工事中らしく何かを立てかけられているので、日光も余り入らず、
室内には明かりがついている。
大きな図書館だが座席は、それほどない。コロナ対策としてテーブルには片方に二人分の椅子が
あるが一つは、この椅子は座れませんと表示したものが掛けられていた。

 自分の斜め前に座った男性はパソコンも持ち込んでテーブルに置いていた。
本棚の近くに二時間ぐらいの利用を、お願いしますという張り紙があった。

筆者は貸出カードを作ってもらった後、一時間で図書館を出た。
 本を借りるつもりは、なかった。
別の利用が出来るので図書カードを作ったのだ。
その利用については、後日、書くだろう。

 帰りは海沿いに近い道路をバイクで走って帰った。
福岡市総合図書館は埋め立て地にある。
帰りに、やはり胸がチクチクするような気がした。海沿いに近い道路はコロナも少ないと思って
バイクで走った。
帰ってからは胸のチクチク感は消えていた。気のせいかもしれない。
 しかし筆者は館内にコロナがいると感覚的に感じられた。筆者もコロナ対策をネットで
調べている。人ごみには行かないようにしてきた。
二時間いても自分は大丈夫だ、とは思わなかった。
 それが宴会とか時短営業の根拠としては分かる。
筆者も健康ではあるが無茶をしようとは思わない。
友達も近くには、いないので誰にも会わない。
 図書カードを作ってくれた女性は両手に薄いビニールの手袋をしていた。もちろんマスクもしていた。
とても広い図書館だが、コロナは、いると筆者は感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。