電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

検温器

 今日は福岡市早良区のガストに昼前に入った。消毒液を手に付けると、
「検温も、お願いします。」
と言われた。男子店員が、
「そこに手をかざしてください。」
と検温器を見て言う。
 それで筆者は、その検温器の上に右手をかざすと、
35
と数字が出た。店員は、「どうぞ。」とか、なんとか言った。オバサン店員が、
「お好きな席へどうぞ。」
という。祝日なのでランチは、ない。税込み750円位の唐揚げ定食のようなものをパネルで
注文。
四つの唐揚げが二つずつ別の仕上げになっていた。
ガストの味噌汁は、うまい。ごはんは大盛でも無料。

 帰り際にレジにいると入って来た背広姿の中年らしい男性が検温器に
手をかざした。筆者が、覗いてみると、その人の検温は36。
 筆者は低体温なのだろうか。
それでも確実にコロナに感染していない事が、やはり判明した。
 筆者のアパートの部屋には国の支給の二枚目のマスクは届いていない。
健康診断以外、その健康診断も25年以上前、36年は病院には行っていないのだ。
それを調べたのだろうか。
 とにかくマスクも、いらないので、それでいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。