電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

夢の話

 今日の福岡市は暖かい一日だったが、昨日の夜は夢を見ていない。一昨日の夢は
奇妙なもので何故か名古屋に向かう電車に筆者は乗っていた。
おかしい、こんなはずはない、これは夢だ、と思い、夢なら醒めてくれと思っているうちに
その夢は消えて茶色のような色が一面に出て来て、やがて目が覚めた。
 不思議なのは、これは夢だと思った事で、それは正解だったのだが
何故夢だと気づいたのかは分からない。
その名古屋に向かう電車の前は日光に向かいうバスに乗って、日光に辿り着いた夢を見ていた。
それを起きてから思い出した。
 日光では紅葉の季節だった。
現実も、もしかしたら夢、と考えたいが起きているのは現実感が、夢とは違って、とてもある。
そういえば夢の中でパソコンを見ている夢を筆者は見たことが無い。
パソコンは、あまりにも現実すぎるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。