電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

Novel Tasuta prooviversioon huvitav romaan

Mees on salaryman Fifty Five-aastane. 勤めた会社は不動産会社ですが、今、退職すれば退職金も多く出すという事で、あと二ヶ月したらやめる事にしました。 Töötanud ettevõte on kinnisvarafirma, aga nüüd, et tegelikult annab lahkumishüvitist veelgi, kui pensionile, ma otsustasin loobuda Pärast kaks kuud hiljem. 妻は五十歳、娘は二十二歳で今年の三月に四年生の大学を出て、一流企業に就職しました。 Naine viiekümne-aastane tütar välja nelja-aastase ülikooli käesoleva aasta märtsis oli kakskümmend kaks aastat vana, oli tööd top ettevõtted.

ここ数年、景気がよくなってきていましたから職に就けたんでしょう。 Viimastel aastatel on ta olnud seotud tööd, kuna majanduses oli paranemisel. 福岡市の支店だから、割りとうまくいったのかもしれません。 Kuna Fukuoka filiaali, võib ta olla läinud hästi jagada. 娘ひとりだけの私は、何かほっとしました。 Tütar üksi ma ainult, taandus midagi. 福岡市は支店だらけの都市です。 Fukuoka on linn täis oksad. 私の不動産会社は地場の会社ですけど。 Ma olen kinnisvara firma on kohalik ettevõte. それで、社長が会長になって、その息子が社長になるという図式でして、自分より若いその男を社長として働いていく、というのも何だかいやだと思っていた矢先の早期退職募集だったんです。 Nii president saab presidendiks, ja oli kava, et nende poeg saab presidendiks, oleme teinud noormees, kui tema presidendiks, sest olin ennetähtaegselt pensionile jäämise värbamine Just siis, kui ma arvasin, et see on mõnevõrra ebameeldiv on küll.

それに私、社内の新入女子社員と恋愛をしてしまって、会長にも白い眼で見られ始めていた。 Ja ma pidin romanss ettevõtte uue naistöötajaid, hakkas näha valge silma ka president. その女子社員は四年生大学出ですから自分の娘と大して変わらない年齢で、名前を栗山若子 ( くりやま・わかこ ) といいます。 Selle naiste töötajate vanusest, et palju ei muutu, sest ma jätsin ülikooli vanem ja tema tütar nimega Wakako Kuriyama nimi (Kuriyama, Wakako).

若子には私のパソコンのメールアドレスを教えていました。 Wakako õpetanud e-posti aadress minu isiklik arvuti. 携帯電話も持っていますが、携帯電話は妻がよく休みの日なんかに机の上に私が放置しているのを取り上げて、あちこち見て回るものですから、携帯電話のメールアドレスは教えられません。 Mobiiltelefonid on, mobiiltelefon on korjatud peal lauale midagi puhkepäev ka mu naine pean seisma, sest asi, mida sa vaata ringi siin ja seal, e-posti aadress mobiiltelefon ei õpetata see teeb. その代わり、妻はパソコンオンチですから立ち上げ方も知らないのです。 Selle asemel, mu naine ei tea, kuidas käivitada, sest see on personaalarvuti kurt. それにパソコンは一応、ロックしているので立ち上げても中に入れません。 Ja personaalarvuti kord, sa ei pane isegi käivitatud, sest see on lukus.

それで、若子のメールを妻は見れないし、娘は会社の近くにあるマンションに引っ越しました。 Nii, et ei näe naise post Wakako, tütar viidi korteri läheduses ettevõte.

若子は背の高いスラリとした体で、胸はそれほどない代りに尻の大きな女の子です。 Wakako on organ, mis oli pikk läga, rinnus on suur tüdruk perse koht ei ole nii palju. 紺色の制服がよく似合います。 Vormiriietusel tumesinine sobib hästi. 睫毛が長く、ぱっちりとした眼をしています。 Ripsmed enam, me oleme silmad ja hele. どこか陰気な感じがするのは、大学生時代に葬儀屋でアルバイトしていたせいでしょうか。 Kus masendava mulje, et mõlemad on või oleks süüdi, et on osaajaga matustel, et tudeng. 聞いてみると、父親は癌で彼女が二十歳の時に死んでいるそうです。 Kui ma kuulsin, tema isa on nii surnud ajal tema kakskümmend-aastane vähki.

父親の死後、葬儀屋のアルバイトに面接に行ったら正社員として働かないかと誘われたそうですが、まだ大学に在学中だし彼女は経済学部だから葬儀会社にはそれほど興味もなく、アルバイトとして働いたそうです。 Pärast isa surma, kuid tundub, et on kutsutud või ei tööta täistööajaga läksin intervjueerima matusekorraldaja on osalise tööajaga tööd, et veel samal ajal üliõpilane kolledži ta ei ole huvitatud niivõrd matuse firma, sest see on Ülikooli majandusteaduskonna, tundub, et on töötanud osalise tööajaga tööd .

この栗田若子に私は不動産仲介のやり方を一から教えたのですが、そのうち私に頼るようになって何でも私に聞くようになりました。 Selles Wakako Kurita Olen õpetanud nullist viis kinnisvara vahendus, aga nüüd nad küsivad minult midagi on toetuda mulle. 私は秋場春雄 ( あきば・はるお ) というのですが、若子は、 Olin kutsutud Haruo Akijo (Akiba, Haruo), Wakako on,

「秋場さん、契約書のここが分からないのですが。」 “Akijo san, mul on siin Lepingu ei tea.”

とか事務所では聞きます。 Kuuleme ka Toka kontoris. 仕事が終わって私が、 Ma lõpetasin töö,

「中洲に飲みに連れて行ってあげよう。」 “Ma võtan teid jooki Nakasu.”

と誘うと、 Kui kutsuda ja

「嬉しいー。行きます。」 “Mul on hea meel üle. Mine.”

と喜んだので、タクシーで中洲にあるビルの三階のバーでビールを中心に飲んだ事が度々でした。 Nii oli rahul, see oli tihti jõi peamiselt õlle kolmanda korruse baari takso liivaribamadalik hoones. 中洲というのは、福岡県福岡市の中心近くにある飲み屋が主に多いところで、ビルの中にはスナックばかりが各階ごとに違った店であるのです。 Kuna Nakasu, kus peamiselt suurte baar asub kesklinnas Fukuoka, Fukuoka prefektuuris oleme hoones asub kauplus, mis lihtsalt suupiste on erinev igal korrusel.

世界的不況にも中洲は潰れませんでした。 Tänapäeva maailmas majanduslangus Nakasu ei variseda. かえって東京の銀座の方が、どうにかなったところも多かったらしいですが。 Pigem Ginza suunas Tokyo, kuid tundub, oli palju kohti, mis sai kuidagi.

そうしているうちに若子は仕事が終わってからは、私を春雄さん、と呼ぶようになりました。 Kas on Wakako valmis tööd vahepeal nüüd mulle helistada hr Haruo ja.

娘と同じくらいの年齢の社内の女性と付き合う。 Minna ettevõtte naiste umbes sama vana kui minu tütar. 昔の定年退職の年齢になった私を社内では誰も非難しませんでしたが、会長の耳に入ったらしく、会長は苦々しい目で私を見るようになりました。 Me ei aastaselt Vanasti pensionile, kuid keegi ei süüdista on in-house, tundus sisestatud kõrva president, president tuli mind sisse kibe silmad. が、長年会社に貢献してきた私には会長も直接、小言は言わなかったのです。 Aga mulle, et on aidanud kaasa paljude aastate firma ka otse esimees, ma näägutamine ei öelnud.

それに私と若子はキスくらいで、それ以上の肉体関係はなかったのです。 Ja palju minu ja Wakako suudlus, see ei olnud enam füüsilist suhet. 中洲のビルの間の細い誰もほとんど通らないところで、飲み屋を出た後でキスしました。 Õhuke kõigile koht, kus vaevalt vahelt Nakasu hoone oli suudlus lahkudes baar. ですから短いものです。 Nii et see on lühike. 口を離すと、若子は、 Kui lasete suu, Wakako on,

「春雄さん、結婚してくれますか。」 “Hr Haruo, Kas ma abiellun.”

と聞きました。 Olen kuulnud, et.

「いや、僕には女房と子供がいる。といっても、子供は一人娘でもう就職して家を出たけど。」 “Ei, ma ka öelda. Teil on naine ja lapsed, kuid lapsed olid majast teise töökoha ainus tütar.”

若子は私の両肩に両手を置いたまま、 Wakako jääb panna mõlemad käed mu õlgadele,

「それなら奥さんと別れたら、いいでしょう ? 」 “Siis, kui sa lahkusid koos oma naise, siis ütleksin?”

と言うのです。 Ma ütlen.

「そうしようかな。」 “Ma võiks proovida seda teha.”

と笑顔で私が答えると、 Kui ma vastata naeratades ja

「そうしてくださいよ。」 “Palun tee seda.”

と念を押して、若子は両手を私の肩から外しました。 Press igaks juhuks ja Wakako eemaldas oma käed mu õlale.

若い若子の唇は滑らかでした。 Young Wakako huulte oli sujuv. 妻とはもう八年も夜の交渉が、ないのです。 Ka öösel läbirääkimisi veel kaheksa aastat koos oma naise, see ei ole. 若子とのキスだけで自分の分身が元気になりそうでしたが、裏路地とはいえ街中ですので押さえました。 Ainult oma alter ego suudlus ja Wakako See pidi olema tervislik, kuid see hoidis, sest see on linn ütles, et tagasi allee.

その夜、家に帰ると、といっても一戸建てではなく分譲マンションですが、妻に、 Sel ööl, ja koju minna, et öelda, et see on korter, mitte ühe pere, tema abikaasa,

「熟年離婚って、はやっているらしいね。」 “Mature lahutus tundub moes.”

と持ちかけると、 Kui poosi ja

「なんですか、あなた。わたしたちも、そうなればと思っているんでしょ。」 “Mis sa. Ka meie oleks olen mõelnud, et kui see juhtub.”

と抗議する眼をして返答します。 See vastab silma, et protesteerida.

「そういうわけではないけど、登喜子 ( ときこ、娘の名前です ) もここを出たし、」 “Ma ei miks, Tokiko (Tokiko, on tütre nimi) on ka olnud siit välja,”

「じゃあ、わたしにもここを出ろ、というのね。」 “Noh, ma olen ka taasalustamine siin, seda nimetatakse.”

「そうじゃなくてさ、おれが出ようか。」 “Kas not’m nii, ma saan välja.”

妻は嘲りの目で私を見ると、 Kui naine vaatab mind mõnitada silma

「若い女でも、できたんでしょう。図星じゃないの ? 」 “Isegi noor naine, kas ma saaksin. Mitte õnnelik vist?”

わたしは、ぐっと喉に詰まるものを感じました。 Tundsin, mida jobu ummista kurgus. さすがに長年連れ添った妻です。 See on tõepoolest naise aastaid. まだキスしかしてないのに。 Kuigi seni on olnud ainult suudelda.

黙っている私に、 Minu jaoks on see vaikne,

「やっぱり、ね。いいわよ、別れても。その代わり、この分譲マンションと年金の半分は、貰いますからね。」 “Lõppude lõpuks, I. ma ütlen, isegi hüvasti. Selle asemel, pool sellest Korterelamu ja pensione, sest sul on.”

と妻は宣言するように声を出しました。 Tema naine oli valjusti kuulutada. わたしは、きつい条件と思いましたが、 I, kuid ma arvasin, et kitsastes tingimustes,

「そうしてくれるなら、考えてみる。」 “Kui mul seda teha, mida kaaluda.”

と答えてしまいました。 Olen vastas, et.

若子との新しい生活、つまり新婚生活を私は夢見ました。 Uus elu Wakako, et on abielus elu olen unistanud. エプロン姿の若子を思い描きながら会社に出勤しました。 Ma läksin tööle ettevõtte samas kujutlevad Wakako ning põll. 若子とは向い合わせの席でした。 Ja Wakako oli istme viimist vastupidine. 不動産会社は割りとゆったりしているので、妻の顔より若子の顔の方を見ている時間の方が長くなります。 Kuna kinnisvara firma on rahul lõhenenud, need aega poole vaadates nägu Wakako kui nägu naine olla pikem.

( これだけ長く見ている顔の方が、本当の妻のようだなー ) と私は思ったこともあります。 (Kas rohkem nägu, et on näinud seda palju kauem, Na tundub olevat tõeline naine) ja ma mõnikord mõelnud.

忙しい時には忙しくなる不動産会社で、休憩の時間とばかりに若子はボンヤリとして私の眼をじーっと見ているのでした。 Hõivatud saanud kinnisvarafirma, kui hõivatud, on Wakako ainult aega pausi oli näinud Jitto mu silma kui udune. 娘と同じ位の年齢とはいえ、一人の成人女性として目の前に座っている若子は、今すぐにでも裸にしてしまいたいほどセクシーなのです。 Kuigi samas asendis vanuse ja tütar, on Wakako istub ees silma üks täiskasvanud naiste, sa seksikas kui soovite oleks paljaste isegi praegu.

確かに娘に性欲を感じる父親もいません。 Kindlasti see ei ole isegi isa tunda libiido tütrele. 妻とも長い間、没交渉で、それが極点に達した時に若子が現れたのです。 Naine nii kaua, puudus seos, ma Wakako ilmus siis, kui see on jõudnud pole.

運命の神様は、最後に私にプレゼントしてくれたのでしょうか。 Saatus Jumal, sa andsid mulle lõpus mulle. これから妻と離婚して、若子と所帯を持つ事が私の希望でした。 Nüüd lahutatud koos oma abikaasa, et on Wakako ja kodumasinate oli minu lootus. あの若々しい尻の大きな若子を毎晩抱けると思うと、仕事にも力が入りました。 Kui ma arvan, et mäss suur Wakako selle noorusliku ass igal õhtul, jõudu on jõudnud töötada.

定年退職のその前日、若子からのメールが届いていました。 Päev enne kohustusliku pensioniea, sai meili Wakako.

春雄さん、いえ、秋場さん、定年退職、ご苦労様です。 Hr Haruo, kuigi Hr Akijo, pensionär, on raskusi jms. わたしも、あなたとお別れしたいと思います。 Ma ka, ma tahaks hüvasti ja te. 実は、好きな彼ができたの。 Tegelikult nagu suutis. 歳は彼がひとつ上です。 Aastane on ta üks.

秋場さんは、なにか、お父さんみたいでよかったけど、キスだけでよかったです。 Hr Akijo on, mida ma oli hea nagu isa, ma olen õnnelik, ainult suudlus. わたしは、今の彼ともうホテルにも泊まったし、避妊もしていません。 Ma nüüd temaga jäi teise hotelli, isegi mitte rasestumisvastaseid vahendeid. つまり、よくあるゴムは使ってないという事です。 Teisisõnu, see on, et ei ühine kummist kasutab.

春雄さんのキスより、いいです。 Kui suudlus Haruo on, on hea.

さようなら hüvasti

若子より kui Wakako

これを読んだ私の頭の中は、ブラックホールのように暗くなりました。 Mõned mu peas, et ma loen seda, nüüd pimedas nagu must auk. 運命の神様は、プレゼントなんかしてくれていなかった。 Saatus Jumal, ei ole mul midagi kingitus. ねえ、わたしと同年代のあなた、若い娘には捨てられるんです。 Hei, samas vanuses ja ma teile, ma visata noor tütar. だから、深入りしない方がいい。 Nii, see on parem mitte Fukairi. 生理のあがった女房と死ぬまで過ごすのが、いいんだ。 Kulutada surma ja tema abikaasa läks füsioloogias, Iinda. どうしてかって、いうと捨てられたショックは大きいからです。 Miks ostetakse, šokk mahajäetud öelda, et see on, sest suur.

私は生きる希望もなくしました。 Ma ei taha elada. 定年退職の日、若子は休みの日で会社に来ていませんでした。 Pensionile päeval, Wakako ei jõudnud firma puhkepäevadel.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。