電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

Lipale Free Nyeoe thahasellisang bukeng

Ke ‘na monna ea salaryman lilemo tse mashome a mahlano a mahlano. 勤めた会社は不動産会社ですが、今、退職すれば退職金も多く出すという事で、あと二ヶ月したらやめる事にしました。 Ba ile ba sebetsa khampani ke litša khampani, empa hona joale, ha e le hantle ho fana ka severance moputso o tlaase le ho feta u tlohela mosebetsi, ke ile ka etsa qeto ea ho khaotsa ho mor’a likhoeli tse peli hamorao. 妻は五十歳、娘は二十二歳で今年の三月に四年生の大学を出て、一流企業に就職しました。 Mosali oa tse mashome a mahlano ea lilemo li, morali oa tsoa lilemo tse ‘ne univesithing ea March ea selemo sena e ne e le lilemo li mashome a mabeli a mabeli, e ne e le mosebetsi lik’hamphaning tsa ka holimo.

ここ数年、景気がよくなってきていましたから職に就けたんでしょう。 E le lilemo tse ‘maloa tse fetileng, e tla ho ne ho khomaretse mosebetsi hobane moruo e ne e ntse molemo. 福岡市の支店だから、割りとうまくいったのかもしれません。 Ka lebaka la ea lekala Fukuoka, e ka ‘na eaba le sieo hantle le ratha. 娘ひとりだけの私は、何かほっとしました。 Morali a le mong feela I, o ile a imoloha ha ntho e itseng. 福岡市は支店だらけの都市です。 Fukuoka ke motse o tletseng lintho tse makala. 私の不動産会社は地場の会社ですけど。 Ke oa k’hamphani litša ke khampani moo. それで、社長が会長になって、その息子が社長になるという図式でして、自分より若いその男を社長として働いていく、というのも何だかいやだと思っていた矢先の早期退職募集だったんです。 Kahoo, mopresidente fetoha mopresidente, ‘me e ne e le leqheka la hore mora oa bona e ba mopresidente, re ile ba sebetsa e le mohlankana seng ea habo e le mopresidente, hobane ke ne ke sa mathoasong a lekholo tlohela mosebetsi ho thaotha ea Feela ha ke nahana hore ho ke ke a batla a sa thabiseng ho ke ke.

それに私、社内の新入女子社員と恋愛をしてしまって、会長にも白い眼で見られ始めていた。 ‘Me ke, ke ile ka ratana le basebetsi ba k’hamphani eo bo bocha li tšehali, o ne a qala ho bonoa leihlo o mosoeu boetse ho Mopresidente eo. その女子社員は四年生大学出ですから自分の娘と大して変わらない年齢で、名前を栗山若子 ( くりやま・わかこ ) といいます。 basali ea eona bahiruoa ka lilemo tse ha a fetohe lintho tse ngata hobane ke siea univesithi phahameng le morali oa hae, e bitsoang Wakako Kuriyama lebitso le (Kuriyama, Wakako).

若子には私のパソコンのメールアドレスを教えていました。 The Wakako ruta e-mail aterese ea hau khomputareng u oa ka ea botho. 携帯電話も持っていますが、携帯電話は妻がよく休みの日なんかに机の上に私が放置しているのを取り上げて、あちこち見て回るものですから、携帯電話のメールアドレスは教えられません。 lithelefono tsa cellular li tla be, fono e cellular e nka ho tloha ka holim’a deske ho ntho e ‘ngoe ea letsatsi leo la phomolo hantle mosali oa ka ke lokela ho ema, hobane ntho e u qamaka mona le mane, e-mail aterese ea fono e cellular e sa rutoa ho joalo. その代わり、妻はパソコンオンチですから立ち上げ方も知らないのです。 Na le hoo, mosali oa ka ha a tsebe hore na ho thakholoa hobane ke ea botho khomphuteng ya litholo. それにパソコンは一応、ロックしているので立ち上げても中に入れません。 Le khomphuta ea botho hang, u se ke ua kenya esita thakholoa hobane ho notletsoe.

それで、若子のメールを妻は見れないし、娘は会社の近くにあるマンションに引っ越しました。 Kahoo, ho sa bone mosali romela Wakako, morali o ile a susumelletseha ho foleteng e sebakeng se haufi le khampani.

若子は背の高いスラリとした体で、胸はそれほどない代りに尻の大きな女の子です。 Wakako ke ‘mele hore o ne a le molelele slurry, sefubeng ke khōlō ngoanana esele sebakeng se hakaalo. 紺色の制服がよく似合います。 Lijunifomo tsa lefifi lisutu a maputsoa hantle. 睫毛が長く、ぱっちりとした眼をしています。 Eyelashes nako e telele, re mahlo le khanyang. どこか陰気な感じがするのは、大学生時代に葬儀屋でアルバイトしていたせいでしょうか。 Where soabisang boikutlo ba hore ebang ke, kapa o ne a tla beha molato hore e bile mosebetsi oa nakoana lepatong ho seithuti sa k’holejeng. 聞いてみると、父親は癌で彼女が二十歳の時に死んでいるそうです。 Ha ke utloa, ntate oa hae o tle bafu ka nako e ke kankere ea hae mashome a mabeli lilemo li.

父親の死後、葬儀屋のアルバイトに面接に行ったら正社員として働かないかと誘われたそうですが、まだ大学に在学中だし彼女は経済学部だから葬儀会社にはそれほど興味もなく、アルバイトとして働いたそうです。 Ka mor’a lefu la ntate oa hae, empa ho bonahala li ‘nile tsa memeloa kapa ke sa sebetsa nako e tletseng ke ile ka buisana le tsa undertaker tsa mosebetsi oo oo etsang karolo ea nako, ho sa ntse le hoja seithuti k’holejeng a ha e nang le thahasello e ngata khampani tlile lepatong la hobane ho sa Faculty ea moruo, ba bonahala ba e ne e le mosebetsi oo oo etsang karolo ea nako .

この栗田若子に私は不動産仲介のやり方を一から教えたのですが、そのうち私に頼るようになって何でも私に聞くようになりました。 Ka sena Wakako Kurita ke o ile a ruta tswa kwa tshimologong ka tsela ea Brokerage litša, empa hona joale le bona mpotsa ntho efe kapa efe ke ho itšetleha ka ‘na. 私は秋場春雄 ( あきば・はるお ) というのですが、若子は、 Ke ne ke bitsoang Haruo Akijo (Akiba, Haruo), Wakako ke

「秋場さん、契約書のここが分からないのですが。」 “Akijo San, ke na le mona ba konteraka ha ba tsebe.”

とか事務所では聞きます。 Re utloa sa mosebetsi Toka. 仕事が終わって私が、 Ke qeta mosebetsi,

「中洲に飲みに連れて行ってあげよう。」 “Ke tla u nka se nooang a Nakasu.”

と誘うと、 Ha mema ‘me,

「嬉しいー。行きます。」 “Ke thabela ka bophara. E-eang.”

と喜んだので、タクシーで中洲にあるビルの三階のバーでビールを中心に飲んだ事が度々でした。 Kahoo o ile a thabela le tsona, ho ne ho atisa ho noa haholo-holo biri ka mokatong oa boraro oa mokoallo oa tekesi tse sandbar a mohahong oo. 中洲というのは、福岡県福岡市の中心近くにある飲み屋が主に多いところで、ビルの中にはスナックばかりが各階ごとに違った店であるのです。 Hobane Nakasu, moo bareng haholo-holo le leholo teng ho elella bohareng ba Fukuoka, Fukuoka Prefecture, re mohaho oo o ke lebenkele hore feela seneke bo fapane ka ‘ngoe e mokatong.

世界的不況にも中洲は潰れませんでした。 Ka wa ga ekonomi ea lefatše Nakasu ha aa putlama. かえって東京の銀座の方が、どうにかなったところも多かったらしいですが。 Ho e-na Ginza maleban Tokyo, empa ho bonahala eka ho ne ho libakeng tse ngata e ileng ea fetoha ka tsela e itseng.

そうしているうちに若子は仕事が終わってからは、私を春雄さん、と呼ぶようになりました。 E tsoa ho Wakako kenya letsoho mosebetsing oa phethoa ka sa le joalo, hona joale mpitsa Mr. Haruo, ‘me.

娘と同じくらいの年齢の社内の女性と付き合う。 Tsoakana ka le ho ba le botsoalle basali ba lilemo li ka bang ho tsoana le ho morali oa ka. 昔の定年退職の年齢になった私を社内では誰も非難しませんでしたが、会長の耳に入ったらしく、会長は苦々しい目で私を見るようになりました。 Me ne a le lilemo li ka matsatsi a khale ea tlohela mosebetsi, empa ha ho motho ea ha aa ka a beha molato ka ntlo, bonahala kena litsebe tsa mopresidente, mopresidente o ile a mpona mahlong a babang. が、長年会社に貢献してきた私には会長も直接、小言は言わなかったのです。 Empa, ho ‘na hore li kentse letsoho ka lilemo tse ba bangata khampani boetse molula-setulo ka ho toba, ke ka hanong ha aa bua.

それに私と若子はキスくらいで、それ以上の肉体関係はなかったのです。 Le likarolong tse ngata ‘na’ me Wakako kako, ho ne ho se na kamano ea haholoanyane ‘meleng. 中洲のビルの間の細い誰もほとんど通らないところで、飲み屋を出た後でキスしました。 Thin mong le e mong sebakeng seo hang fetisa pakeng tsa Nakasu oa ho haha, o ile a kako mor’a hore se tsoe bareng. ですから短いものです。 Kahoo, hoa khutšoanyane. 口を離すと、若子は、 Ha u lokolla molomo, Wakako ke

「春雄さん、結婚してくれますか。」 “Monghali Haruo, Nka nyalana.”

と聞きました。 Ke ‘nile ka utloa hore.

「いや、僕には女房と子供がいる。といっても、子供は一人娘でもう就職して家を出たけど。」 “Che, ke ne ke boetse re le boemong boo. U na le mosali le bana, empa bana ba ne ba siile ntlo ho mosebetsi o mong ka morali a le mong feela.”

若子は私の両肩に両手を置いたまま、 Wakako o lutse o beha matsoho ka bobeli mahetleng a ka,

「それなら奥さんと別れたら、いいでしょう ? 」 “Joale Ha u arohana le mosali oa hae, u ne u tla re’ng?”

と言うのです。 Ke se buang.

「そうしようかな。」 “Ke ‘na ba leka ho etsa joalo.”

と笑顔で私が答えると、 Ha ke araba ka pososelo ‘me,

「そうしてくださいよ。」 “Ka kōpo etsa joalo.”

と念を押して、若子は両手を私の肩から外しました。 Press feela tabeng me, Wakako e tlosoa matsoho a hae ho tloha lehetleng la ka.

若い若子の唇は滑らかでした。 Young Wakako tsa melomo e ne e boreleli haholo. 妻とはもう八年も夜の交渉が、ないのです。 Also bosiu ditherisano sa e mong lilemo tse robeli le mosali oa hae, e ha ho joalo. 若子とのキスだけで自分の分身が元気になりそうでしたが、裏路地とはいえ街中ですので押さえました。 Feela a fetole habo bona ego aka le ho Wakako E ne e tla ba bophelo bo botle, empa ho ne le tšoere hobane ke le motseng o ile a re khutlisetsa Alley.

その夜、家に帰ると、といっても一戸建てではなく分譲マンションですが、妻に、 Bosiung boo, ‘me le tsoele lapeng, ho bolela hore ho ke ke e Condominium e-na le e le’ ngoe-ea lelapa, mosali oa hae,

「熟年離婚って、はやっているらしいね。」 “Mature tlhalo, ho bonahala e tloaelehileng haholo.”

と持ちかけると、 Ha Krrish me,

「なんですか、あなた。わたしたちも、そうなればと思っているんでしょ。」 “Seo, uena. Le rōna re ba ne ba ‘nile ba nahana hore ha seo se etsahala.”

と抗議する眼をして返答します。 E araba leihlo ho ipelaetsa.

「そういうわけではないけど、登喜子 ( ときこ、娘の名前です ) もここを出たし、」 “Ke se ke ka lebaka leo, Tokiko (Tokiko, ke lebitso la morali oa) ke boetse ho molemo ho a ne a le mona,”

「じゃあ、わたしにもここを出ろ、というのね。」 “Joale, ke boetse tsoa tlohela mosebetsi mona, hore lintho li bitsoang kateng.”

「そうじゃなくてさ、おれが出ようか。」 “Na not’m le joalo, ke na ke tsoe.”

妻は嘲りの目で私を見ると、 Ha mosali oa e shebile ‘na a songoa ea leihlo,

「若い女でも、できたんでしょう。図星じゃないの ? 」 “Esita le mosali eo e mocha, na nka se khonang. Ha ho swathika nohe?”

わたしは、ぐっと喉に詰まるものを感じました。 Ke ne ke ikutloa hore na jerk clog ‘metsong. さすがに長年連れ添った妻です。 Ka sebele ho ke ke mosali oa lilemo tse ngata. まだキスしかしてないのに。 Leha ho le joalo s’o feela kako.

黙っている私に、 Ho ‘na ho ke ke ka khutsa,

「やっぱり、ね。いいわよ、別れても。その代わり、この分譲マンションと年金の半分は、貰いますからね。」 “Ka mor’a hore tsohle, I. Ke tla re, esita le sala hantle. Ho e-na, halofo ea Condominium ena ‘me pencheneng, hobane o ile.”

と妻は宣言するように声を出しました。 mosali oa hae e ne e ka lentsoe le phahameng hore le li bolele. わたしは、きつい条件と思いましたが、 Na, empa ke ne ke nahana hore maemo a thata,

「そうしてくれるなら、考えてみる。」 “Haeba ke etse joalo, nahana.”

と答えてしまいました。 Ke araba ka hore.

若子との新しい生活、つまり新婚生活を私は夢見ました。 bophelo bo bocha le Wakako, ke hore, bophelo ba lenyalong ke e lorileng ea. エプロン姿の若子を思い描きながら会社に出勤しました。 Ke ile ka tl’o sebetsa khampani ha a ntse a nahanang kateng Wakako ea foreskoto. 若子とは向い合わせの席でした。 ‘Me Wakako ne e le setsi sa lolamisiwa bo fapaneng. 不動産会社は割りとゆったりしているので、妻の顔より若子の顔の方を見ている時間の方が長くなります。 Ho tloha ka litša ba khampani e phutholohile ka petsoha, ba ba nako batla ho isa leanong la sefahleho sa Wakako feta sefahleho sa mosali eo e tla ba nako e telele.

( これだけ長く見ている顔の方が、本当の妻のようだなー ) と私は思ったこともあります。 (Na ho feta ea sefahleho boneng sena nako e telele, Na bonahala e le mosali oa sebele) ‘me ke ka linako tse ling ba nahana.

忙しい時には忙しくなる不動産会社で、休憩の時間とばかりに若子はボンヤリとして私の眼をじーっと見ているのでした。 A phetheselang seo ho emeloang fetoha litša khampani ha phathahane, ke Wakako feela nakong ea khefu o ile a ho bone Jitto leihlo la ka le joalokaha hazy e. 娘と同じ位の年齢とはいえ、一人の成人女性として目の前に座っている若子は、今すぐにでも裸にしてしまいたいほどセクシーなのです。 Le hoja boemo ba tšoanang ha mehla ea kajeno ‘me morali oa morena, a e Wakako lutse ka pel’a mahlo le e mong ea ba batsehali batho ba baholo, o sexy mo joalokaha u batla ne e tla ba ho totobatse esita le hona joale.

確かに娘に性欲を感じる父親もいません。 Ka sebele ha ho na esita le ntate oa ikutloa libido morali eo. 妻とも長い間、没交渉で、それが極点に達した時に若子が現れたのです。 Mosali oa ka bobeli ka nako e telele, ho hloka kamanong, ke Wakako hlaha ha e fihla palo.

運命の神様は、最後に私にプレゼントしてくれたのでしょうか。 Qetello ea Molimo, na u mphileng qetellong ho ‘na. これから妻と離婚して、若子と所帯を持つ事が私の希望でした。 Hona joale hlalane le mosali oa hae, ho ba le Wakako le ba ntlo ea le tšepo ea ka. あの若々しい尻の大きな若子を毎晩抱けると思うと、仕事にも力が入りました。 Ha ke nahana hore morusu e Wakako e kholo ea hore esele bocha mong le e mong bosiu, ka matla a maholo o ile a kena ho sebetsa.

定年退職のその前日、若子からのメールが届いていました。 Letsatsi pele tlohela mosebetsi tlamang, o ne a fumana ya imeile ho tloha Wakako.

春雄さん、いえ、秋場さん、定年退職、ご苦労様です。 Mr. Haruo Leha ho le joalo, Monghali Akijo, pensheneng, e leng mathata joang. わたしも、あなたとお別れしたいと思います。 Ke ile ka boela, ke tla rata ho salisa uena le uena. 実は、好きな彼ができたの。 Ha e le hantle, joaloka o ile a khona ho etsa joalo. 歳は彼がひとつ上です。 Ea lilemo li ke ka o le mong.

秋場さんは、なにか、お父さんみたいでよかったけど、キスだけでよかったです。 Mr. Akijo leng seo, ke ne ke ipabola joaloka ntate, Ke thabela feela kako. わたしは、今の彼ともうホテルにも泊まったし、避妊もしていません。 I, eo hona joale e le eena ho lula hoteleng e ‘ngoe, esita le lithibela-pelehi. つまり、よくあるゴムは使ってないという事です。 Ka mantsoe a mang, ho ke ke hore se se sa tlwaelesegang rabara sebelisa.

春雄さんのキスより、いいです。 Feta ho kako ea Haruo, o molemo.

さようなら Hey

若子より Than Wakako

これを読んだ私の頭の中は、ブラックホールのように暗くなりました。 Tse ling tsa hlooho ea ka e le hore nka bala sena, hona joale lerootho joalokaha lesoba ntšo. 運命の神様は、プレゼントなんかしてくれていなかった。 Qetello ea Molimo, ha aa ka a ‘na ho hong ho mo fe mpho. ねえ、わたしと同年代のあなた、若い娘には捨てられるんです。 Hey, ba lilemong tsa e le ‘ngoe’ me ke u, ke lahliloe morali ba banyenyane. だから、深入りしない方がいい。 Kahoo, ho molemo a se ke a Fukairi. 生理のあがった女房と死ぬまで過ごすのが、いいんだ。 Ho qeta lefu ‘me mosali oa hae nyolohela physiology, Iinda. どうしてかって、いうと捨てられたショックは大きいからです。 Ke hobane’ng ha rekoa, makala a tlohela re ke hobane o moholo.

私は生きる希望もなくしました。 Ha ke na lakatsa ho phela. 定年退職の日、若子は休みの日で会社に来ていませんでした。 Tlohela mosebetsi oa letsatsi leo, Wakako aa ka a tla khampani matsatsing a tima.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。