電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

冬の公園静かな景色

 冬の公園の静かな景色を味わえた昼だった。
空は晴れ間も出て、三月上旬のような気温を感じた。

 福岡市中央区の公園でスーパーで買った弁当を食べる。ベンチだけの
公園が普通だけど、そこは椅子の前に正方形の小さなテーブルがある。

 椅子は二つ、向かい合わせのものと椅子が一つだけのものもあり、
自分が座ったのは椅子が一つのものだ。

 テーブルと言っても隙間のある木製のテーブルで、板を横に並べた
ものの板と板の間に隙間がある。

 そこに弁当を置けた。ディープライスという岡山の会社の安い
スタミナドリンクも買っていたので、それもテーブルに置いた。

太陽が出て来ると暑さを感じた。

 他のベンチに座っていた人たちは昼時なので、どこかに立ち去った。
そういえば今日は祝日だった。

 今日も仕事で外へ出て、こんな日は公園で弁当を食べる方が自分は
いいと思ったし、その通りだった。

 春は近いのか、と思えた福岡市だったのだ。
福岡市は二十年前は冬は寒かった。

 十二月の福岡マラソンの日に雪が降った。でも去年の十二月は
雪はチラついただけ。
そして去年の十二月より、今年の一月の方が暖かい。

 もう雪など見たくない。このまま春になってくれたらと思う
次第だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。