電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

夜空を見上げて

 今日は夕方の五時半からバイクでツーリングをした。福岡空港を左に見ると夕焼けの空と大きな
赤い日没前の太陽が見えた。
 飛行機も、この時間帯は多く離陸していた。
日没していないので明るいが、次第に薄闇になっていく。この時間帯のツーリングも
楽しい。
 糟屋郡の方に入り、すぐに福岡市に戻る。そのうち日没となったがネオンが光る
店も味わいがあった。
 帰りも又、福岡空港に沿って走っているとタマホームの大きな看板が見えた。反ワクチンで
知られ、私にとっては頼もしい会社だ。
その看板の下にタマホームの会社はなく、普通の看板よりも大きな道路沿いに見られる
大きさだ。

 陸橋を超えて下に降り、停車した時に西の方の空を見ると、あの点滅が複数のものが
見えた。曇り空なのか星は一つもない夜空だ。

アパートからは東南東に見えていた円形に並んだ点滅の光と同じもので、やはり静止していた。
 アパートに帰り、前に点滅が見えていた方角を見ると何も見えなかった。
今日は大分、移動して西の方に行ったようだ。
 昨日は曇り空なので見なかった。
星座と勘違いするような見え方だが、光の強度が強すぎる。それに消えては現れる
白色の点滅もある。そんな星が、あるはずがない。

 見たものは記憶に残るが日付などは忘れてしまうので備忘の為に書いた。
夜空を見上げる福岡市の人間は私だけだろう。
ufoの集合体か単独なのかは分からない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。