電子書籍 小説 売上順(鳥越敦司) japan light novel download(鳥越敦司) atushi torigoe 文芸小説 sf小説おすすめ pdf 作品
ネットショップのDTC 鳥越敦司のfacebook

ロイヤルホスト

 今日の昼前に福岡市中央区のロイヤルホストに入った。すでに満席に近い。
メニューを持ってきたのでランチを注文。
メニューを女子店員が持ち帰る。
 このサービスは、あまりないものだ。リンガーハットでも、やっているが。
フォークとスプーンの入った容器を持ってきて、
「お食事の用意を、させていただきます。」
と女子店員が言う。

 こういう言葉も、ほとんどの飲食店では言わない。冷水は最初に持ってきてもらった。
次にスープ。
小さいカップに入っているが、味わい深い。
 さて、それからが長かった。
かなり待つと、女子店員が来て膝を曲げて腰をかかとにつけた低い態勢で、
「もうしわけありません。パンを焼きなおしていますので、あと少ししたら出来ます。」
というようなことを、言った。

 無言で、うなずくと女子店員は立ち上がり何処かへ行く。
少ししてランチを持ってきた。
「お待たせしました。スープは、お代わりできます。」
と言って私の顔を見るので
(いいねえ)
と思うと、それを察して女子店員は、すでに空のスープのカップを持って行き、
お代わりを持ってきてくれた。

 食べ応えのあるランチで、味がいい。

レジで同じ女子店員が、
「大変、お待たせしましたので割引させて、いただきます。」
と少し値引きをしてもらった。

 それから楽天のカードにポイントを付けてもらい、支払いも楽天カードで支払った。
女子店員は
「ありがとうございました。」
と言うと深く頭を下げた。

予想以上に客が来てパンが品切れになり、焼き直したらしい。

 それで焼き立てのパンを食べた。ライスにしていれば、すぐ持ってきたと思われる。

ロイヤルホストは少し高めの価格だが、その辺には自分としてはロイヤルホスト
に入るしかないと思っている場所だ。

 店を出て駐車場を見るとベンツやフォルクスワーゲンが停車していた。
そういえば、レジで女子店員が
「お車は・・・。」
と言ったので
「バイクを停めています。」
というと納得した顔を女子店員は、した。

 ハッキリ言ってロイヤルホストは、それなりの価格だ。ロイヤルホストを知らない人は
それだけは知っておいた方が、いい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。