電子書籍 小説 sf小説・未来の出来事 sf小説・未来の出来事(成人向け) 二通り、あるのでは、ありません。
japan light novel download atushi torigoe

google street view japan

今日、2020/11/5 にgoogle street view の車を見ました。私はバイクに乗っていました。横から出て来た車の車体にgoogle street viewとありました。
インターネットを初めて18年を過ぎましたが、初めて見ました。福岡県福岡市南区で。
又、詳しく書きます。

電子書籍リーダー

電子書籍リーダーは色々、あります。私の場合はkindleに始まり、楽天koboのpc版の無料ソフト、そしてブックウォーカーのpcアプリで読んできました。

現在は主に楽天koboのパソコン用の電子書籍リーダーとブックウォーカーのパソコン用のアプリを使います。

が、ブックウォーカーのアプリは開発を止めているため、次第に起動なども遅くなってきているようです。WINDOWSは修正していくので、それに合わせていかないと見にくくなります。
ついには使えなくなる事もあるので開発を止めていると、使えなくなるかもしれません。

その点、koboやkindleは修正プログラムを送ってきますので、それをインストールすればいいし、
パソコンではkoboを使っていますが、それで起動が遅くなることもありません。

今のところ、おすすめなのは無料で使えるkoboのパソコン版です。

https://books.rakuten.co.jp/info/introduction/e-book/

買取サービス おすすめ

買取サービス おすすめです。

株式会社あおば堂
「他社様に見られない3つの特徴

・ ①お試し査定
お客様にとって買取価格が、事前にいくらぐらいになるか分からないのは不安です。
弊社ではネット上にて5分で完了するお試し査定を用意しております。
ISBNやJANコードがある商品ならご利用頂けます。

・②明細
他社様では買取価格は合計額のみ案内しているところが多く、これでは何がいくらだったのか分かりません。
弊社では1点1点の商品名・買取価格・価格の算出理由を含めた明細を案内しております。
この特徴はお客様に大変ご満足頂けております。

・③返品
他社様では全て買取か、全て返品の2択が多く、部分返品できるところは少ないです。
一部だけ買取を依頼したいが、返品を断られて不満というニーズも少なからずあります。
弊社では部分返品も可能で、返品送料も下記のように明朗会計でリーズナブルです。

・取扱カテゴリ
本・CD・DVD・ゲーム・PCソフトが弊社の買取取扱カテゴリでございます。
細かいカテゴリにおいても、買取不可の商品は他店様より少ないと思います。
例えば、規格として廃れた8cmシングルCDの買取も行っております。

・受入の稼働率
大手様を除き、古本屋は少人数経営が大半です。
また経営者のITスキルが低くインフラについて脆弱であることが多いです。
そのため、キャパを超えると申込を中断することが多々あるようです。
それでは、折角、送客しても受付しないのでは成約は上がりません。
弊社はITスキルに長けた正社員を含め十数名を超えるスタッフがおりますのでその点はご安心下さい。
メンテナンス時などを除き、365日24時間の稼働率で運用しています。
年末年始も含め、荷物受入体制も万全です。

・電話対応
買取申込についてネットだけの完結では不安というお客様もたくさんいらっしゃいます。
弊社では買取専用のフリーダイヤルを用意しております。
常にベテランスタッフが対応しますので、お客様にも満足度頂いております。
品質の高い電話対応を提供することはかなりのコストが掛かかりますが、積極的に取組んで参ります。

・経営期間
弊社の創業平成18年でございます。
派手に展開せず地味に経営を続け、安定した買取サービスを提供して参りました。」

あおば堂

ブックウォーカーはアプリで

ブックウォーカーの電子書籍はダウンロードして読んだ方が、いいです。個人的な感想です。
私はPCにダウンロードして読んでいます。
そうしないとブラウザでは字が小さくて読めない。
私の作品もブラウザで試し読みには横二段の構えですが、アプリでは横書きで二段にはなりません。
作者は横二段では書いていません。これは光文社の「日本沈没」とかで使われていた構成ですが、
とにかくブラウザは字が小さいと思います。
PCアプリなら字を大きくも小さくも出来ます。ただ試し読みはダウンロードできないようです。
私も最初にブックウォーカーで電子書籍を購入した時は字の大きさに心配でしたが、
PCアプリで開くと読みやすい文字の大きさになりました。
ものすごく眼のいい人なら、読めるのでしょうけど私の今の視力ではブラウザでは読みにくいのが
ブックウォーカーです。
アプリの方が書庫みたいになっていて、たまってきたら更に書庫に入れてアプリからは削除できるように、なっています。
ぜひ、ブックウォーカーはアプリを試してみましょう。

コロナウイルス感染

コロナウイルス感染、再びのようです。東京は日本一、私が住んでいる福岡市でも日々、十人以上の感染です。これはsfというよりホラーだと思います。因みに私は風邪一つ、ひきません。

日本文学 海外の反応

日本文学 海外の反応
日本文学 海外の反応を見る一つの目安になります。ヨーロッパは古いと思われるかもしれませんが、文学についてはアメリカより日本の文学は読まれるようです。
 
 上の青いリンクをクリックすると飛びます。わざわざページまで作ってくれているなんて驚きですね。ヨーロッパの人の視点は新しいものを探り当てます。
日本人よりも新しいものを受け入れてくれるのです。
例えば浮世絵などもヨーロッパでは高く評価されました。

 あなた方、日本人が知らない作家だろうとヨーロッパの人は気にしません。
日本人は人の評判や世間の評判を気にします。誰かの太鼓判で動きます、それは
文学でも、その傾向が見られますが、ヨーロッパの人は違うようです。
ですから日本よりも早く、無名に近い日本の小説も認めてくれるんです。

もともと日本は遅いんです。第二次大戦も東南アジアを既に植民地にしていたヨーロッパ各国、それにアメリカの植民地に襲い掛かり、割とうまくいったのですが、結果は、あの通り。日本が手にしていた植民地も失いました。
 ヨーロッパの人達の行動というか東南アジアにおいても、それは早かった。
あなた方が目にする日本文学はヨーロッパでは、それほど評価されていないものなのかもしれない。
ただ今の日本で上位の人気だけかもしれません。
世界的に評価される文学が本物でしょう。
その一つを上の青いリンクをクリックして自分の目で見てください。